お守り

お守り

神社の護符・お守りについて

私たちの生活の中で、様々な思いや願いを神様に祈念することは古代から現代に至るまで変わりありません。人生の通過儀礼や、取り巻く環境により神明の加護を願う事は人間としてごく自然な行為といえます。神社では現代生活における安心立命のために、種々の護符やお守り札を奉製し、神前で祓い清め、謹んで神明の幸いを祈念したお神札、お守りを頒布授与しています。

御守り札の種類と内容

  • 自身の心願成就や健康を祈願する御守り
  • 受験など試験で合格を祈願する御守り
  • 学業の成就を祈願する御守り
  • 自身の出世や開運招福を祈願する御守り
  • 自身の厄除けや開運を祈願する御守り
  • 良縁や出会いを祈願する御守り
  • 安産を祈願する御守り
  • こどもの健康や安全を祈願する御守り
  • 無事に帰る安全を祈願する御守
  • 車輌の運転者、或は一般生活上の交通安全を祈願する御守り
  • 勝負に関する事で「勝」を祈願する御守り
  • 病気の平癒を特に祈願する御守り
  • 様々な願い事を絵馬に書き神前に奉納する祈願用の絵馬

神前で御祈祷を受けられた方には、祈願内容に応じた「御神札と御守り札」を授与します。